ペット葬儀 即日

ペットの葬儀が即日できるところを探しました

私の16年連れ添った猫が今年なくなりました。

ペット葬儀を即日できる業者を探したけど・・・

その時に、何日も亡骸をいつまでも同じ部屋に置いておくのも耐えられない感じがありましたし、傷んでしまう前に埋葬してあげたいというのもあり、できれば即日でお願いできるところがないか探しました。

 

次に休日がくるまで埋葬を待っていたら後悔すると思ったのです。

 

その時に、最初は地元のペット葬儀屋さんに電話して、確かに即日埋葬はできるとの回答をもらったのですが、時間に制限があって叶いませんでした。

 

また、その出された見積もりが、周りの人に聞いたよりも高かったのも少し気になりました。

 

こんな時にお金のことは考えたくなかったのですが、少しでも安ければその分オプションにお金をかけて、立ち会ってあげられたり、お骨をいただいたりできるからです。

 

そこで、一旦ネットで探しなおしてみたら、時間関係なく即日お願いできる葬儀業者を見つけました。

 



≫今回見つけた即日できるペット葬儀はこちら

 

即日できる中で希望の叶ったのはここでした

私がネットで見つけたのがペット葬儀110番というペット葬儀業者でした。

 

ペット葬儀110番は全国に対応していて、24時間365日対応してくれるというのです。

 

というのも火葬をするのに、こちらが火葬場まで運ぶとなると、私が最初に聞いた業者のように時間のスケジュールが決まっているのですが、業者が迎えに来てくれてその先はお任せできる場合や、火葬できる車両でやってもらえる場合、時間に制限がないそうです。

 

そういう便利な車両があるって知りませんでした。

 

それと、うちはこだわらないのですが、宗派不問で葬儀できるというのも人によっては良いのかもしれませんね。

 

また、価格は気にしないつもりだったのですが、最初の業者は前に友達から聞いていた価格より倍ほど高かったのに対し、ペット葬儀110番は10000円〜できるという安さでした。

 

ペット葬儀費用はいくらかかる?

ペット葬儀、即日で価格が高かった・・・

ペット葬儀110番の葬儀費用は10000円?ですが、合同か個別かなどによってかかる費用に違いが出ます。

 

合同火葬の場合:10000円〜

合同火葬は専用車両で家まで迎えに来てくれます。ペットとはここでお別れになります。

 

その後、火葬場で合同火葬が行われて、提携のペット霊園で埋葬されます。

 

個別火葬の場合:14000円〜

こちらも専用車両で迎えに来てもらえます。その後は火葬車で個別に火葬をしてもらって、お骨は骨壷に納めて返骨してもらえます。希望があれば提携のペット霊園で埋葬してもらえます。

 

立会い個別火葬の場合:16000円〜

基本的に個別火葬と同じなのですが、火葬に立会いお骨上げをしてあげることができます。2000円しか違わないので、できれば立ち会ってあげたいという人も多そうですよね。

 

ペット葬儀の依頼方法

ペット葬儀110番に依頼する流れは、まず電話で無料相談ができます。

 

そのあと、実際の見積もりを加盟店に取ってもらいます。この時、プランやオプション、ペットの体重などで見積もり金額に違いが出ます。

 

見積もりがOKだったら、日程を決めます。最短で即日可能です。

 

予定日になったら自宅に専用車がお迎えに来てくれて、その場で支払いになります。(加盟店によっては火葬前に支払いする場合もあるそうです)

 

ペット葬儀で疑問に思っていたこと

私は今回がペット葬儀は初めてで、知らないことがたくさんありました。

 

今回体験してみてわかったことをまとめます。

 

合同葬儀と個別葬儀の違い

葬儀を他の家のペットとまとめて行うかどうか、というのが合同葬儀と個別葬儀の違いなのですが、そのほかに、合同葬儀の場合、返骨がないというのが一番の違いでした。

 

また合同葬儀の場合はお迎えに来た後は全て業者に一任する流れになるのでちょっとそれでは寂しいかなと思いました。

 

移動火葬は煙や臭いが近所迷惑にならないか?

火葬車両で火葬してもらえるというのはメリットもあるのですが、反面、煙や臭いが発生しないのか気になりました。

 

近隣への影響には細心の注意を払ってもらえるので住宅街でも火葬が可能なのだそうです。

 

また、火葬炉の車両には特にペットのマークや文字はないので、ペットを焼いているなとか気にされる心配もないようです。

 

葬儀までに準備しておくことは?

迎えに来てくれるといっても、家で準備しておくべきことは色々あります。

 

まずは、ペットの遺体を保冷剤などで冷やすことです。特に夏場の場合は内臓が腐るなど痛みも早いので要注意です。

 

それと、ペットが亡くなった直後なら瞼を閉じてあげることも大事です。上から瞼をしばらく押さえてあげると瞼を閉じることができます。

 

瞼を閉じてあげないと眼球が乾燥してしまい、とても痛々しい姿になってしまうので、間に合えばやってあげてください。

 

それから、亡くなった後には花などから体液が出たり排泄物が出て来たりすることがあります。

 

葬儀の前に綺麗に掃除してあげたり、鼻にティッシュを詰めるわけにもいかないので、少しは吸収できるようにティッシュを添えてあげたりしてください。

 

あとは、これは即日だと難しいかもしれませんが、お別れまでに家族で気持ちの整理をしておけるといいですね。

 



≫今回見つけた即日できるペット葬儀はこちら

 

 

page top